伏見人形(おふくちょろ)を手に語る石沢誠司氏

京都府立総合資料館再開館記念「馬の人形展」記念講演

 

 

「朏(みかづき)コレクションと郷土玩具」

 

 

2002年1月11日(金)(14時から15時30分)

 

 

京都府立図書館副館長 石沢誠司

 

 

於 京都府立総合資料館


 

1 郷土玩具とは何か

 江戸時代のこどものおもちゃが明治以降、日本の各地で年中行事や風俗のなかで伝承されてきたもの。明治以降新たに作られたものを周辺に含む。

 その特徴

(1)社寺の祭礼や縁日、年中行事のおりなどに売られた商品玩具 

(2)その多くに縁起がつく。魔よけ・病よけ・安産・五穀豊穣・節句人形ほか

(3)土・木・紙など手近に入手できる材料で作られている。

  土人形の場合、型でつくることができ、大量生産が可能になった。

  大量(同じ手技の繰り返し)につくることがつくる美しさ

(4)明治以降、郷土の習俗と結びついて伝承されてきたので郷土色を持つ。

 今も続いている要因:大人の玩具になった。(その魅力にひかれ、またはみやげ物として)

2 朏コレクションについて

(1)朏健之助氏の略歴

  明治41年(1908年)生・武井武雄との出会いがきっかけ。1990年没

(2)朏コレクションの点数

 第1次寄贈「昭和39(1964)年」8,991点、第2次寄贈「昭和49年(1974)」898点、第3次寄贈「昭和56年(1981)」1,555点、第4次寄贈「平成元年(1989)」733点、 総計12,177点

(3)朏コレクションの特徴 

 ○広範に収集されている。○外国の玩具との比較ができる。○伏見人形ほか京都の郷土玩具が多い。

3 郷土玩具の魅力

(1) かたち(デザイン)のおもしろさ 

  日本文化の再発見(例 ちょろけん)美術作家への刺激(徳力徳太郎の版画など)

(2)描写のおもしろさ

(3)由来のおもしろさ

 縁起がついていることが多い。また、その由来を通じて制作当時の社会がおしはかれる。

以上 文責(村上敏明)

ページの最初に戻る

 伏見人形ホームへ 資料リストへ戻る